LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 15/06/14

中古住宅購入時、売却時の壁紙(クロス)選び② (おうち閑話)

クロス選び

こんにちは、LIXILリアルティのT.Sです。
今日はリビングのクロスのコーディネートについてお話ししたいと思います。
最近、お部屋に個性を出す為に、アクセントクロスという方法を使われる方が増えてきました(サンゲツでは山本美月さんが「プラスワンポイント」としてCMされてますね)。
アクセントクロスとは、リビングの壁1面に、濃色やパステル色の1000番台のクロスをアクセント的にいれて、お部屋に個性をだす方法です。この方法のよいところは、部屋全面に個性のあるクロスを貼ると、個性が強く出る為、人によってその個性に好き嫌いがでてしまうのですが、アクセントクロスですと壁の1面に個性のあるクロスをいれても、残り3面の壁はホワイトですので、アクセントクロスでかなり遊んでも、個性がですぎないというメリットがあります。また予算の面でも、価格の高い1000番台のクロスを貼るのが壁1面だけですので費用的にも安く済みます。

コーディネートについて、サンプルから自分の好きな色を選ばれる方がいらっしゃいます。でも、その前にチェックしたいポイントがあります。
新築住宅の場合、部屋全体を一から思い通りにコーディネイトすることできますが、中古住宅ではそうはいきません。中古住宅はフローリング、巾木、建具の色は変えられませんので、これらの色に合わせてクロスを選ぶ必要がでてきます(全面リフォームする場合は新築と同じです)。

それではフローリングの色をチェックしてみましょう。おおよそ、ダークブラウン系、ナチュラル系、ホワイト系の3つに分けられると思います。最近の流行りのフローリングの色別のコーディネートの例をあげてみましょう。

・床ダークブラウン系・・・濃色ブルー、ブラウン、グリーン

・床ナチュラル系・・・パステル系のイエロー、ピンク、ブルーなど明るく、元気な感じ、女性などに好まれます。

・床ホワイト系・・・基本的にはなんでもOKですが、グレーなどモノトーンをあわせるとモダンで都会的になります。

IKEAなどの空間展示をみるととても参考になると思いますので、近く店舗があれば行ってみてください(下記リンク参照)
また、予算が許せば、アクセントクロスの変わりにエコカラットを部分的に貼るという方法もあります。質感がグッと上がりますので是非検討してみてください。最後にもうワンポイント。アクセントクロス、エコカラットにダウンライト、スポットライトの明かりをあてたり、電気スダンドをそばに置くと、更に雰囲気がでます。

次回はリビング以外の壁紙選びについてお話ししたいと思います。(T.S)
■サンゲツプラスワンポイントCM(youtube)

■google画像検索「IKEA 展示」

■エコカラット施工事例

<その他の関連記事>
・ 中古住宅購入時、売却時の壁紙(クロス)選び①(おうち閑話
・ 中古住宅購入時、売却時の壁紙(クロス)選び②(おうち閑話
・ 中古住宅購入時、売却時の壁紙(クロス)選び③(おうち閑話)
・ 中古住宅購入時、売却時の壁紙(クロス)選び④(おうち閑話)

 

 

ページの一番上へ