LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 15/08/12

マンション完成図の車は何故アウディ?(おうち閑話)

アウディ

こんにちは、LIXILリアルティのT.Sです。カーセンサーの記事で「新築マンションの完成予想図に描かれている車はなぜ、ほぼアウディなのか?」と面白い記事がありました。新築マンションのパースに登場する車の輸入車比率は73%、その中でもアウディ比率が90.1%を占めるとのこと。どうして、アウディがこれほどまでにマンション販売に重宝されるのでしょうか?。今日はブランドイメージについて考えてみたいと思います。

強いブランドというのは、ブランド名を聞いただけで様々な連想や、利用している人のイメージが頭に浮かんでくるものです。ちょっと実験してみましょう。

これから挙げるブランドから連想することや、使用している人をイメージしてみてください。

●スターバックスとコメダ珈琲

両方ともこだわりのコーヒーとくつろぎを提供する場所ではありますが、イメージできるコトや、利用者は違ってきます。

<スターバックス>

おしゃれ、都会的、文庫本を読む人、使う機器はアップル、カフェラテ、20代~30代、一人で過ごす場所、グリーンの色。

<コメダ珈琲>

ナチュラル、カントリー、新聞、週刊誌を読む人、使う機器はガラケー、ブレンドとモーニング、50代以上、仲間とワイワイ世間話、色はオレンジ

どうでしょう、みなさんも似たイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?(違ったらすいません)。どちらもターゲットは違えど、様々なイメージが連想されるというのは、強いブランド力があるということの証明です。それではドイツ車のプレミアムカーのブランドイメージを個人的独断で比較してみましょう。

<メルセデスベンツ>

質実剛健、男性的、50代の紳士、自営業、社長、高い安全性、固い、反面ミーハーな要素も。

<BMW>

こだわり、運転を楽しみたい人、企業のエリート・重役、男性的、カジュアル、ジーンズ、趣味性、スポーツ、気持ちよく回るエンジン。

<アウディ>

アーバン、ファッショナブル、都会派プレミアム、30代、女性的、お嬢様、IT社長、華やかさ、ドレス、フォーマルだけど固すぎない、隠れた先進性。

「わかってないなー」と、これらの車に乗られている方にはお叱りを受けそうですが・・私の偏見ですのでお許しください。

さて、分譲マンションが建つ地域は都心、購入層は30代くらい、訴求したイメージは、アーバン、都会的、華やかさ、ではないでしょうか?。ベンツだと資産家が購入するようなプレミアムマンションには合っていますが、ターゲットからは、ちょっと敷居が高くなりそうです、また、BMWだと少し男性的で、趣味性が強くなるかもしれません。

アウディはフォーマルだけど、フォーマル過ぎない、アーバンで洗練されたイメージを持っています。マンション購入の決定権を持つ奥様にも、女性的なイメージをもつアウディなら安心です。デベロッパーにとってアウディのブランドイメージは、マンションの販売で利用するのには最適なのかもしれません。(T.S)

ページの一番上へ