LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 15/08/22

風水でみる住宅購入①(おうち閑話)

fuji
こんにちは、LIXILリアルティT.Sです。実は私、風水に興味があります。風水ではトイレを掃除すると金運が上昇すると聞いてから、毎朝トイレ掃除をするようになりました(効果は今のところ確認できていません・・・)。何回かに分けて、風水についてお話ししたいと思います。迷信と侮るなかれ、結構理にかなっている部分も多いんです。

風水は4000年前、古代中国から始まり。町づくり、家づくりをする際に、その土地の気の流れを利用して、運気を呼びこむ方法を体系化したものです。日本でも飛鳥時代に中国から取り入れられました。聖徳太子も風水に凝っていたそうで、中国の福建省に風水を学ばせる為に人を派遣しています。その後、風水は日本で独自の進化を遂げていき、現在の日本の風水は中国のそれとは違っている部分もあります。

さて、風水で最高の土地は「四神相応の地」と呼ばれ、東西南北を4つの神様が守っているとされています。

東:青龍   東に清らかな川の流れがある
西:白虎   西に広い道、交通の便がよい
南:朱雀   南に広大な湖、海、平野があり視界が開けている
北:玄武   北に山や丘陵がある

京都も平安京が遷都された時に、これらの条件合う場所を選定して、街づくりがなされています。

東に、鴨川
西に、山陽道、山陰道
南に、巨椋池 (今は埋め立てられてありません、だだっ広い畑になっています)
北に、北山、鞍馬山

また風水には山々が連なる場所を龍脈と言い、大地のから良い気がどんどん湧きあがっていると考えられています。そのよい気が流れつき、集まる場所を龍穴と言い、最高のパワースポットになります。

京都だと、北山、鞍馬山で作られたパワーが盆地の京都市内に流れ込むような設計になっています。東京だと、富士山周辺の山々が龍脈となっており、中山道や東海道を通じて東京都内に流れ込み、皇居が龍穴となりパワースポットとなるようになっています。もっとも最近では、東京は高層ビルが林立し、富士山からの気が流込まなくなってしまっているようです(国土交通省 風水で見た都市のあり方)。おそらく新宿高層ビル群に当たって中野あたりに気が溜まっているのではないでしょうか?(笑)。中野と言えば住みたい街ランキングで急上昇中、サブカルの聖地としても世界的に有名になっています。さて次回は具体的に家と風水の関係についてお話しします。(T.S)

ページの一番上へ