LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 16/01/15

戸建てVSマンション メンテナンス費用はどちらが安い?

121016

家を買うなら戸建て?、マンション?あなたはどちらを選びますか?

あるアンケート結果では約80%の方が戸建てを買いたいと思っているそうです。

戸建てが人気の理由はいくつかあります。例えば、「うるさくしても周りに迷惑がかからない」や「自分の思い通りに使える」などなど・・。

その他に、「修繕積立金や管理費が必要がない」というのも戸建てを選ぶ理由のひとつになっています。

では、戸建てのメンテナンス費用とマンションのメンテナンス費用をくらべると、どちらの方が費用かかるのでしょうか?

簡単に試算をしてみましょう。マンションの修繕積立金、管理費でまかなわれている部分を、戸建てに置き換えて比較してみます。

一般的に戸建てで、かかるメンテナンス費用は、以下のようなものがあげられます。

・屋根、外壁、バルコニー等の防水、塗装工事 150万円程度 15年ごと(年換算10万円)

・防蟻処理 20万円程度 5年ごと(年換算4万円)

・その他、門扉修理、塀の修理、設備の修理など 年2万円と仮定

・庭の手入れ、清掃などに使う費用 年2万円と仮定

戸建てのメンテナンス費用は合計で年間18万円 月15,000となります。

一方マンションのメンテナンス費用はいくらになるでしょうか?。

リクルートの調査によると、首都圏の新築マンションの平均の修繕積立金のは6,533円、管理費は15002円で、合計は21,535円となっています。

以上から、戸建てとマンションのメンテナンス費用の差は約6,000円(21,535円-15,000円)という結果になりました。

戸建ては、自分で行うメンテナンスを行い、マンションでは共用部のメンテナンスは他人(業者)が行います。つまり、6,000円/月の人件費を業者に支払って、メンテナンスをしてもらっていると考えることもできます。

あなたはどちらがお得だと思いますか?

上記の試算では、修繕の頻度は一般的な基準をもとに考えています。当然、防蟻処理などの頻度を伸ばすことを自分の判断できます。しかし反面、まだ大丈夫だからとずるずるとメンテナンスを先延ばしにしてしまうことも多いのです。

防水、塗装工事を先延ばしにすると、雨漏りが発生したり、防蟻処理をしないと、土台が腐ったり、庭の手入れをしないと、害虫が発生したりします。メンテナンスの頻度を伸ばすと、思いがけず大きな費用が発生してしまうこともあるのです。

それを考えるとマンションのように修繕計画に従って、修繕項目を決め、それに向けて毎月費用を支払うというのは安心感があります。

このように戸建、マンションでメンテナンス費用がどちらが得かは一概には言えません。しかし戸建てを購入する場合でも、長期的にかかるメンテナンス費用も考慮して、資金計画をたてておくべきです。(T.S)

ページの一番上へ