LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 16/01/30

日銀のマイナス金利が住宅ローンに与える影響は?

d6a01f879ee1fb6498a91e578c241965_s

昨日(2016年1月29日)に日銀は金融緩和政策の一環として、日本で初めてマイナス金利政策を導入することを決めました。

民間銀行は融資量に応じて、日銀にお金を預けておく必要があります。これまでは民間銀行から預かったお金に日銀は0.1%の金利をつけていました。

つまり、民間銀行は日銀にお金を預けておくだけで0.1%の金利がつくので、他に有望な融資、投資先がなければ、規定以上のお金を預けておくこともできました。

今回、マイナス金利が導入されれば、日銀の預かるお金の一部にマイナス0.1%の金利が適用されることになります。つまりお金に保管料がかかることになるのです。

これにより、民間銀行は日銀にお金を預けるよりも、融資、投資に資金を振り向けるようになり、市中にお金が流れるようになります。

さて、このマイナス金利政策は今後住宅ローンにどのような影響を与えるのでしょうか?

日銀がマイナス金利の導入を発表した昨日、住宅ローンの固定金利と連動性の高い、10年物国債利回りが0.1%を下回り、史上最低を更新しました。

これは今まで日銀に預けていたお金が、少しでも利回りがある国債にながれる観測のもと、国債が買われた為です。

このまま国債利回りが低下し続ければ、住宅ローンの固定金利は今後下がっていくことが予想されます。

また、民間銀行は少しでも収益がでる融資先を探そうとします。したがって、住宅ローンの貸し出しを増やそうとするでしょう。

銀行間の競争が激化することで、変動金利が下がったり、サービス、特典をつけて、融資を拡大しようとするかもしれません。

日本でマイナス金利が導入されるのは初めてですが、ヨーロッパではすでにマイナス金利は導入されています。

デンマークでは、大手銀行のノルデア・クレジットが、マイナス金利の住宅ローンを始めています。

「お金を借りるとお金をもらえる」というおかしな現象が現実におきており、今後、更に金利を更に下げていくと、同じようなことが日本でも起こるかもしれません。(当然、銀行の業務費用や、貸し出しのリスク値する費用がかかるため、すぐにこのようなことが起こるとは考えられませんが・・)

また、今回のマイナス金利政策は、市場に大きな混乱が起こらないように、民間銀行が日銀に預けている250兆円のうち、20兆円程度にしかマイナス金利は適用されません。

逆に言えば、今回の決定自体にあまり実効性がないともいえ、アナウンス効果の方が大きいともいえます。

しかし、これまであった、金利は0以下にならないという常識がなくなり、理論的にはいくらでも下げられるという意識が働くことで、融資、投資が拡大し、将来不動産市場が活性化していくことが考えられます。(T.S)

リンク
借り時?マイナス金利導入で、住宅ローン減税との金利差が拡大する?

ページの一番上へ