LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 16/08/29

住み替えローンのポイント

1aa7d7a50bbb06f713c9aee9d00252f4_s

住宅ローンの残債があっても、住み替えできる!?

住み替えとは現在の住まいを売却し、新たな住宅を取得して住むことです。

住み替えをするには、今ある住宅ローンを完済し、金融機関の抵当権がはずした上で、購入したい物件の住宅ローンを新たに組むことになります。

住宅ローンを完済するには、次の2つのパターンがあります。

①手持ちの資金があり、物件を売却しなくても完済ができる場合。

②物件の売却資金と手持ちの資金をたして、完済できる場合。

②の場合、残債の額や売却できる額によって、ローンをすべて完済できないこともあります。住み替えローンを利用すると、そのような場合でも住み替えが可能になることがあります。

e528beb19e925056033da65eaa428c63_s

住み替えローン利用には、より入念な返済計画を

住み替えローンは、残債を完済する資金と、新居の購入資金を合わせて借りることができるローンです。一般的には、今残債のある金融機関で申し込むことが多いです。

通常、住宅ローンを新規で申し込む場合、購入する物件の担保価値の範囲内で融資枠が設定されます。

住み替えローンの場合、残債の完済に必要な資金と、新居の購入資金の合計が、融資額となる為、購入物件の担保価値以上に融資枠が広がることになります。

その為、今までの住宅ローンより返済期間が長くなったり、月々の返済額が大きくなることがあります。

住み替えローンを利用するには、事前の資金計画、返済計画をよりしっかりとたてることが必要です。

ページの一番上へ