LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 17/09/25

売却依頼時、不動産会社が提供するサービスをみてみよう

666575
売却を依頼すると、様々なサービスをつけてくれる不動産会社がでてきています。今回はその一部をご紹介します。

●荷物の一時預かりサービス

一時的に、売主の荷物を預かってくれるサービスです。

期間は、専属専任媒介契約の有効期間となっている3カ月。荷物は不動産会社が指定した段ボール箱に入れますが、入り切らない大きな荷物でも規定の範囲であれば預かってもらえます。荷物がなくなると室内はすっきりし、内見者に好印象を与えます。

●不用品処分のサービス

不要な荷物や引っ越し先に持って行きたくない荷物を規定の個数まで、処分してくれるサービスです。内見の際にも、引っ越しの際にも便利です。

●お掃除サービス

売却を成功させるには、物件を美しく見せることが大切です。

不動産会社のなかには、専属専任媒介契約を結ぶと掃除サービスをつけているところがあります。たとえば2,500万円以上の売り出し価格の住宅の場合、専門業者が行う掃除サービスの利用料のうち5万円まで負担してくれるケースもあります。キッチンやトイレ、浴室などの水回りや床掃除など、場所を指定して掃除をしてもらう売主が多いようです。

●修繕・交換サービス

外れたドアやはがれたフローリングなどを調整、修理、また水道蛇口のハンドルやゴム栓、鏡や電球などの交換もしてくれます。こうした点がきちんとケアされていると気分のよいものです。売主も自信をもって内見者を迎えることができるでしょう。

●内装のリフォームサービス

壁クロスのカビやはがれ、畳みの日焼けなど、掃除してもすっきり見えない箇所があります。これらを張り替えたり、交換したりすると好感度がアップします。こうしたリフォーム費用の一部を負担してくれるサービスです。

売主としては、どの不動産会社と契約をするのがよいのか迷ってしまうこともあります。そんなときに、付帯するサービスを参考にしてみるのもよいでしょう。

ページの一番上へ