LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 18/01/10

売却に強い不動産会社はここでわかる!

28b728090d80aece12f96915c0bd0237_s

「売却に強い」を見極める3つのポイント

早期に、そして希望に近い価格で売却するカギは、売却に強い不動産会社を選ぶことにあります。売却に強いとはどういうことでしょうか?

その基本のポイントは3つ。対応が迅速で、広告や宣伝に力を入れていて、売主の疑問や不安にきめ細かく答えてくれることです。 では、具体的にお話していきましょう。

①対応が迅速でていねい 

営業担当者は不動産会社の顔です。売主に対する担当者の対応が迅速なら、社員教育やサポート体制ができていると考えられ、信頼できる不動産会社と言えます。

売主から査定を依頼された時、不動産会社にまず求められることは迅速な対応です。

もし対応が遅れる事情があるなら、そのことをすぐに売主に伝え了承を得ることが重要です。 そういう不動産会社を選びましょう。

②広告・宣伝に力を入れている 

売却を早く成約させるためには、売却物件を迅速に広く、そして効果的に購入希望者に知らせなくてはなりません。

今の時代、不動産会社はインターネットでの情報発信に長けていることが必須です。住宅市場には物件情報があふれています。

その中であなたが売ろうとしている物件が、購入希望者の目に止まらなくてはなりません。ポータルサイトに掲載する住宅の写真の撮り方によって、またキャッチコピーによって印象は大きく変わります。

どうすれば買主の目にとまるか、豊富な経験からアドバイスをしてくれる不動産会社が望ましいと言えます。

一方、広告手法の一つにポスティングがあります。こちらはインターネットと異なり、購入見込み客を推測し、エリアやマンションを絞り込まなくてはなりません。

そんなマーケティングや分析に強い不動産会社であることも重要です。

③売主の疑問や不安にきめ細かく対応してくれる

住宅の売却経験が豊富な売主は少ないものです。そのため、売り出しから成約に至るまでには様々な疑問や不安が出てきます。

たとえば、売主の資金力とローン残債額の状況を考えると、住み替えは可能なのか?もし、厳しい場合、住み替えを可能にするにはどうすればよいか。

また、税制の軽減措置を受けるために必要な条件は何か?そうした売主の様々な疑問や不安に、個人情報に配慮しながら応えてくれる不動産会社が望ましいと言えます。

他にも売出し価格のつけ方、値下げのタイミングと値下げ額、内見客への対応など、売主が助言を求めたいことはたくさんあります。

不動産会社の対応に疑問を持ったままだと、たとえ売却できたとしても不満が残りがちです。

逆に、売却完了まで信頼と好印象を持てる不動産会社なら、売主の満足度は高いものなります。

その意味でも、先に述べた3つのポイントがそろった不動産会社を選びたいものです。

ページの一番上へ