LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 18/10/08

どこが違う?「媒介契約」と「代理契約」

823709

意外と知られていない「代理契約」

住宅や土地を売却する際、不動産会社に仲介を依頼しますが、契約には大きく分けると、「媒介契約」「代理契約」という2つの方法があります。

住宅の売買では、一般的に「媒介契約」にすることが多いです。「媒介契約」以外に方法はないと思われがちですが、「代理契約」も選択することができます。

2つ契約の違いを知っておきましょう。

「媒介契約」では、不動産会社が売主と買主の仲介を行います。

なお、「媒介契約」には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つのタイプがあり、それぞれ仲介の約束ごとや義務など、不動産会社が売主に対して負う内容や責任に違いがありますので、自分の希望に会ったタイプを選ぶことになります。

「代理契約」と「媒介契約」の大きな違いは?

「媒介契約」と「代理契約」は、根本的に異なる点があります。

「代理契約」では、不動産会社が売主から代理権を得て、売主のかわりにほとんどのことを行います。広告を出すことに始まり、内見の申し込みには売主に変わって買主を案内し、買主との売買契約も代理で行ってくれます。

「媒介契約」の場合でも不動産会社に依頼をすれば、売主の希望に応じて多くのことをしてもらうことができますが、最後の売買契約の段階では、売主本人が買主と相対して契約を行う必要があります。

「代理契約」では、売買契約も売主に代わってしてもらうことができる。この点が「媒介契約」との大きな違いです。

「代理契約」のメリットとは?

情報登録や手数料の面でも大きな違いがあります。「媒介契約」では売却住宅のデータがレインズ(不動産流通機構)に登録され、売買市場の情報として公開・掲載されますが、「代理契約」では掲載されません。なぜなら、「代理契約」では、不動産会社が自社の顧客のなかから買手を見つけてくるからです。

そのため、売主は買主の仲介手数料にあたる分も含めて支払うのが一般的です。この点、買主にとっては仲介手数料がかからないという魅力があります。

「媒介契約」では、売主は不動産会社に仲介手数料を支払います。また、不動産会社が買主を見つけてきた場合、その買主も不動産会社に仲介手数料を支払います。

売主の負担が軽減される

売主にとって「代理契約」は、不動産会社が売却に必要なもろもろの作業をしてくれるので、負担が軽減されるというメリットがあります。

例えば、遠方で生活している、売却活動をする時間が取れない、あるいは健康上、外出が困難など、状況によって「代理契約」が向いている人もいます。

「媒介契約」と「代理契約」のどちらが良いか。内容をよく知ってご自分に向いている契約形態を選択しましょう。

ページの一番上へ