LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 19/09/06

「庭の草刈り」が売却を左右するって本当?

5a6297d4a3c2eeeaf3bea7456d1a43c1_s

庭付きの戸建て住宅を売却する際、悩ましいのが草刈りの問題。放置すれば庭が荒れることはわかっていても、「売却する家に費用はかけられない」という売主も少なくありません。

しかし、庭に雑草が伸び放題の家はなかなか売れにくいものです。売却に向けて、どの程度手をかけるべきでしょうか?

なぜ、雑草が伸びた家は売れにくいのか?

雑草が伸び放題の家が売れにくい理由は、単純に見た目が悪いからだけではありません。

買主に「庭と同様、建物も手入れが行き届いていないのでは?」「どこかに不具合があるのでは?」など、住宅の品質に対して不安を与えてしまうことも大きなマイナス要素となります。

たとえ立地条件や間取りは気に入っても、不安材料のある家に高いお金を払ってもよいと思う人は少なく、結果として大幅な値引きをしなければ売れない、場合によっては買い手そのものが付かない可能性も少なくありません。

害虫の被害が発生しやすい

庭の雑草を放置しておくと、実際に建物にも悪影響を及ぼします。雑草が生い茂った庭にはアリやムカデ、ゴキブリなど様々な害虫が発生しやすくなります。

また、庭木を伐採した場合、後に残された切り株や根はシロアリの巣となります。そのシロアリが建物に付くケースもよくあります。

少しでも有利な条件で売却するには、雑草の処理は必須といえるでしょう。

では、なるべく費用や手間をかけずに雑草を処理するにはどうすればよいのでしょうか?

負担をかけずにできる雑草対策

雑草は生命力が非常に強く、一度抜いてもどんどん生えてきます。特に梅雨時から秋口にかけては、驚くほどのスピードで生い茂ります。

なるべく負担をかけずにできる雑草対策には、次のようなものがあります。

①草刈り後、除草剤をまく

草刈りの手間はかかりますが、その後に除草剤をまくことで雑草の繁殖を抑えられます。最近ではホームセンターなどで、子どもやペットにも安心な除草剤も販売されています。

ただし、体にやさしい分、除草効果は弱いため、様子を見ながら繰り返しまく必要があります。住みながら売却する場合や、比較的近くに住み替える場合に向いている方法です。

②草刈り後、防草シートを活用する

防草シートは草刈り後に、地面の上にかぶせることで雑草が伸びるのを抑えるものです。シートを敷く手間はかかりますが、一度敷いてしまえば比較的長期間、雑草の伸びを抑えることができます。

価格は対象となる雑草の種類や耐用年数などによって異なり、1㎡当たり100円台から5000円台のものまで様々です。ホームセンターなどで購入できます。

③業者に依頼する

仕事が忙しく管理が難しい場合や、売却する家が遠方にある場合など、自力で草刈りができない場合もあるでしょう。

そんな時は、シルバー人材センターや雑務代行業者(便利屋さん)、草刈り専門業者に依頼するのもひとつの方法です。

シルバー人材センターへの草刈りの申し込みは、電話やインターネットでできます。

<最寄りのシルバー人材センターを調べる>

公益財団法人シルバー人材センター事業協会  http://www.zsjc.or.jp/#kensaku

<インターネットで仕事を依頼する>

シルバーしごとネット  https://shigoto.sjc.ne.jp/index.jsp

料金やサービス内容は業者によって様々です。草刈りで出たゴミの回収まで請け負ってくれるところもありますので、必要に応じて上手にサービスを活用しましょう。

ページの一番上へ