LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

住宅売却基礎知識
LINEで送る

更新日 : 14/09/22

中古住宅売却の流れ

売却の流れ

家を売却する時、何から始めればよいのでしょう。中古住宅売却の基本的な流れを簡単にまとめました。まずはおおまかなイメージをもってみてください。無料でダウンロードできる「あんしん住宅売却術」でさらに詳しい内容、各ステップの注意点が書かれていますので是非ご活用ください。

1.売却前に準備・確認しておきたいこと
売却には印紙代、登記費用、仲介手数料など必要経費がかかります。あらかじめ押さえておきましょう。また契約に必要な書類(図面、登記簿等)も事前に用意しておきましょう。

2.周辺物件の価格相場を知る
売却物件の相場は、インターネットのポータルサイト等で調べることができます。検索欄に「広さ」「駅からの距離」「築年数」などの条件を入力すると類似物件がヒットします。不動産情報誌、不動産会社の店頭広告なども活用し、多くの類似物件を参考に相場感をつかみましょう。

3.査定を依頼する
不動産会社に査定を依頼しましょう。インターネットの無料簡易査定は簡単で便利ですので、まず無料簡易査定を利用して相場感をつかみましょう。訪問査定はより正確な査定ができますので、相場感がつかめたら訪問査定を依頼してみましょう。

4.不動産会社を選ぶ
売却を依頼する不動産会社を選びましょう。レインズ(指定流通機構が運営する不動産仲介業者の情報ネットワーク)により物件情報は全国の不動産会社に広まる為、不動産会社間で情報ネットワークの差はあまりありません。親身になって対応してくれる営業マンがいるかどうかで選ぶことをおすすめします。

5.媒介契約を結ぶ
不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約には3種類あります。「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」です。「専属専任媒介契約」は不動産会社1社のみに売却を依頼する契約です。「専任媒介契約」も不動産会社1社に売却を依頼する契約ですが、自分で購入希望者を見つけることもできます。「一般媒介契約」複数の不動産会社に依頼することができ、自分でも購入希望者を見つけることができます。
「専属専任媒介契約」の場合、不動産業者は売主に対し定期的な報告など様々に義務を負います。一方、一般媒介では不動産会社は売主に対し義務を負いません。不動産会社に積極的に販売してもらいたい場合は「専属専任媒介契約」を結んだ方がよいでしょう。

6.建物診断(建物検査)を検討する
引渡し後に瑕疵(住宅の不具合や欠陥)が見つかった場合、売主が修繕費用を負担しなければならない場合があります。事前に建物診断をしておくとそのようなリスクを減らせます。また買主にとって建物診断付の物件は安心して購入できるため売却しやすくなります。

7.売り出し価格を決める
売り出し価格を決める場合、相場より極端に高い場合はなかなか売れないこともあります。不動産会社とよく相談して売り出し価格を決めましょう。

8.内見の環境を整える
よりよい状態で内見のお客様を迎えることが、早期売却成功の為に非常に重要です。清掃などを普段よりしっかりおこないましょう。また内見前には換気や、照明の点灯を行いお客様の印象をよくしましょう。

9.売買交渉をする
中古住宅の売却に交渉はつきものです。ポイントを押さえて有利に交渉を成立させましょう。売却金額以外にも手付金の額、引渡し時期、瑕疵担保責任(欠陥が見つかった場合の責任区分)など条件の調整を調整します。

10.売買契約を締結する
価格と条件が折り合えば、売主は買主に売渡証明書を発行します。その後、売買契約の締結を行います。売買契約時に決められた手付金を買主から受け取ります。

11.引渡し
引渡しの前に必要な書類を準備しましょう、また契約で決められた事項が完了しているか確認しましょう。引渡し日に売買代金を受領します。同時に抵当権抹消、所有権移転等の登記を行います。

ページの一番上へ