LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 14/10/14

「レインズ」とは?

あなたが売りたい「家」は、市場でどのように流通するのか?

家族の思い出が詰まった家。
売却することになったら、気に入って大切に住んでくれる人に買ってほしいものです。
ところであなたの家は、どのようにして市場にデビューするのでしょうか?
そのしくみについてお話ししましょう。
まず、家を売るには不動産仲介会社と媒介契約(売却の仲介を依頼)を結びます。
媒介契約には1社とだけ契約する「専属専任媒介」「専任媒介」と複数社と契約する「一般媒介」があり、売主がいずれかを選びます。
契約すると不動産仲介会社はさっそく売り出しを開始しますが「専属専任」と「専任」の場合、最初に行うのが「レインズ」への登録です。
この「レインズ」によって、あなたの物件は全国の不動産会社に広がります。

「レインズ」の目的としくみ

レインズ(Real Estate Information Network Systems)は規模の大小に係らず、全国の不動産会社が加盟するネットワークシステムです。
不動産市場における情報のスピード化との透明性を確保するために設立されたもので、そのデータベースには現在売り出し中の物件のほとんどが登録され、日々更新されています。

●「専属専任」「専任」契約では「レインズ」への登録が義務

3つの契約形態のうち「専属専任」と「専任」は「レインズ」への登録が義務づけられていますが、「一般媒介」はその義務がありません。
したがって「専属専任」「専任」のどちらかで契約すると、あなたの物件は必ず登録されます。
契約する不動産仲介会社は1社ですが、この「レインズ」によって、あなたの物件はリアルタイムで全国の不動産会社の目にふれるところとなり、購入希望者が見つかるチャンスは全国レベルで拡大します。
あなたの物件を見たいという人が他の不動産会社で見つかった場合は、その会社からあなたが媒介契約をした不動産仲介会社に連絡が入ります。
ちなみに、登録時期には決りがあり「専属専任」は契約後5日以内、「専任」で7日以内ですので「専属専任」の方がスピーディに情報が回ります。

不動産ポータルサイトへの掲載が不可欠

「レインズ」への登録と同時に、不動産会社はさまざまな方法で住宅を探している人に直接PRを行います。
その方法はインターネット、チラシ、情報誌、店頭での告知などですが、現在の主流はインターネット。
その利用者はますます拡大し、迅速に売却するためにはSUUMOやHOMES、Athomeなどの不動産ポータルサイトへの掲載がカギとなります。
したがって、不動産会を選ぶときは、インターネットに強く、SUUMOやHOMES、Athomeなどの不動産ポータルサイトに積極的に掲載している会社であることが不可欠といえます。

不動産会社によって、何が異なるのか?

「レインズ」や不動産ポータルサイトの普及によって情報が共有される時代。
どの不動産仲介会社と契約しても変わらないと思う人もいるかもしれません。
しかし、それは違います。売却で重要なことは親身になって売ってくれること。
そして物件の分析・把握、市場の読み、価格調整、売却プラン、市場に出した時の反響の読み、軌道修正力などプロとしての冷静な判断が必要です。
同じ物件でも、仲介する会社によって、安心感も満足感も大きく異なるのです。
よい不動産会社を選び、気持ちよく売却が成立するようにしましょう。

ページの一番上へ