LIXILリアルティ.comスマートおうち売却

あんしん不動産売却術
LINEで送る

更新日 : 14/09/13

転勤が決まったら、自宅はどうする?

月々のローン返済は待ってくれない

急な転勤で、遠方や海外に赴任しなければならないことがあります。
家族帯同で異動する場合は、転勤先の生活の準備をしながらマイホームを賃貸に出すか、売却するか、そのまま空けておくかを急いで決断しなくてはなりません。
住宅ローンが完済しているなら、転勤先でじっくり検討することも可能ですが、多くの場合は住宅ローンが残っており、月々の返済を続けなければならない場合が多いでしょう。
賃貸にだしても借り手がすぐに見つからない、売却するにも希望価格では買い手が見つからないといった期間があるかもしれません。その場合でもローンの返済は続けなくてはなりません。
結論を先送りするほど、ローン返済で預貯金が減っていくことになります。

決断のポイントは、戻ってまた住みたいかどうか

賃貸に出すか売却するかで迷うのは当然です。
マイホームを取得してから数年しか経っていなければ、どちらを選択するにも抵抗感があるでしょう。
迷うときは次のように考えを整理しましょう。
転勤先から戻れた場合、再び元のマイホームに住みたいかどうか。
その気持ちや思いが1番大事なポイントです。

●いつか戻って住みたいなら賃貸に出す

再び住みたい気持ちが強ければ、賃貸に出す方向で検討しましょう。
人に貸せば傷や汚れがつくのは避けられませんが、戻るときはハウスクリーニング、リフォームをすると割り切ります。

●賃貸料でローン返済がまかなえますか?

賃貸に出すとき、収支を早急に確認しなくてはなりません。
周囲相場より高い賃料を設定しても、借り手がつきませんので、急ぐ場合は返済金額を下回らない範囲で賃料を低めに想定します。
仮に家賃でローン返済がまかなえる場合でも、固定資産税や保険料などの維持費がかかります。
またエアコンなどの設備が故障すれば、すぐに修理しなくてはなりません。
急な持ち出しを想定し、賃料からでた収益は預貯金としてプールしておきましょう。

考えがまとまらないときは、プロに相談しよう

売却すると決めた場合、しばしばネックになるのが売却価格より、住宅ローンの残債が大きい場合です。
基本的には預貯金で補わなくては売却できません。

●転勤先で住宅を購入するなら

転居先で新しく住宅を購入するなら住み替えローンを組み、元のマイホームを売却します。
この場合、借入額が増えますので年齢や年収、ライフプランなどを考慮し、よく検討して購入しましょう。

●迷ったら、プロのアドバイスを参考に

このように賃貸、売却、いずれにしても準備や手続きにも時間を要します。
早く決めたくても迷ったり考えがまとまらないときは、不動産会社に相談しプロの観点からアドバイスをしてもらいましょう。

ページの一番上へ